| HOME | NEWSNOW | 最新のお知らせ |

伝 言 板

明日は石狩です。
2019/05/03
やっといい感じの風が石狩の浜で吹く予報です。

風が強くなる前に飛び始めたいので、9時半ころには到着予定で計画していますー!

こんばんは。
2019/05/02
皆さんこんばんは。天気がすぐれませんね。
風を見て、どこかでモーターパラで飛びたいです。

この頃の僕は、ブラックアウト対策として、積雪2mの豪雪地帯用実験に使用したソーラーパネル2枚と、札幌市の入札工事で引き取った大きな廃棄用バッテリー4個で、プチソーラー発電システムを作ってみました。なかなかいい感じです。

今は、そのソーラー発電電力で、毎日見る50インチテレビの電力をすべてまかなっています。

実験をしてみて色々な事が分かって知識が深くなりました。不安定な電気を利用する技術はなかなか奥が深いのです。

おはようございます。
2019/04/28
今朝の地震は、仕事を終えて布団に入ってすぐでした。初期微動を感じたので大きな揺れが来るのがわかりました。
被害が出るほどの地震ではなかったのでよかったですね。

3日前に、5分ほどの説明の手書きの落書きで「停電中の道路信号機に非常電源を投入する回路を作ってくれ、電力が復旧したら自動的に通常回路に復旧する設計で・・・」との試作品を朝から設計して完成し(3回ほど改良を加えて)、夕方には作動試験を完了し、夜中にその取扱説明書を書き上げて布団に入り、ほんの数分後でしたっ。

こんばんは。
2019/04/26
書き込みが遅くなりました。今、現場から戻りました。

僕のハイエースはいつもゴールデンウイークの後に冬やタイヤに取り換えるのですが、今年も中山峠が雪が積もりそうですね。

この後の僕は現場仕事があって、29日まで仕事です。来月に入ると、洞爺湖の月浦で「ソーラーパネル3枚だけで生活します」と言うお客様の小さな建物の配線工事が少しあります。

今年はまだクラブハウスに行っていなくて、桟橋や階段の取り付けはこれからでーす。

おはようございます。
2019/04/19
おはようございます。
ぽかぽか陽気になって、外仕事が楽しい季節です。

でも、今日から明日あさっては、低気圧と前線の通過に伴って、風がとても不安定です。
飛ばないことをお勧めしますー!

こんばんは。
2019/04/12
すみません。明日の僕は仕事です。

明日は石狩の浜で飛べそうな天気予報ですが、おそらく風が不安定だと思っています。

日曜日はHHPFの安全講習会などが有って、朝から八雲町に出かけます。宜しくお願いします。

こんにちは。
2019/04/06
今日の僕は、親戚が集まる会が有ってお休みの日でした。

明日は、どこも風が良くないですね。
これからゴールデンウイークまでは、全国的に風がとても不安定な季節です。
離陸してみたら、とんでもなく気流が悪くて・・・となるのです。

また、風を見て書き込みをしますね。

こんばんは。
2019/03/30
書き込みが遅くなりました。

事務所のPCを仕Win7にこだわって仕事をしていたのですが、すべてのPCをWin10にしている最中です。
明日もその作業が続きます。

飛びに行けなくてすみませーん。

こんばんは。
2019/03/28
今日の午後は、毎年この時期に行われる丘珠飛行場の会同に招かれて、行ってまいりました。
僕は、以前に仲間数人と丘珠空港から11キロほど離れた石狩の浜から、高度100m距離4Kmほどのモーターパラのフライトをしたことがあり、管制塔から裸眼でも見える距離なので、あらかじめ丘珠空港に電話を入れてノータムをお願いした経緯があります。

今日の管制塔の見学では、丘珠飛行場の滑走路延長についてのお話や、ホンダジェットが離着陸したことなど、レーダー監視塔は明るい部屋で、30インチ正方形のデジタルディスプレイで、移動するトランスポンダからの文字が貼られて小樽の向こうまでモニターしていました。

他に招待されている皆さんは、丘珠空港にかかわる民間航空機関連や美唄空港、石狩の消防ヘリの責任者様など、今年もごあいさつを交わしました。
また、スクリーンによる説明では、去年の胆振東部自身において、丘珠空港を拠点として被災地現地にへり管制塔が作られて、航空管制がなされた事の説明や、4日以内に救助と行方不明者全員を発見した経緯などの説明がありました。

夕方にはいつものように自衛隊の皆さんとの親睦の会が開かれて、楽しいひと時を過ごしてまいりました。

僕の隣になった美唄空港のステーガーさんからは「美唄空港はモーターパラはフライトができないことになっているのですが、許可しますから飛びに来てみてください」との言葉をいただいたり、右隣の自衛隊パイロットからは、僕が依然にアシリベツの上空で目撃したOHの飛行で、高速水平飛行から引き起こして上昇が止まるまで垂直上昇し、上昇が停止したところでラダーを打って機種を真下に向けて、元の飛行高度まで垂直降下させて元来た方向に水平飛行するのを繰り返していて「そのような戦技訓練が有るのですか?」とお聞きしたら「有事の為の基本訓練です」と、詳しく教えて頂いたり、千歳川の第一発電所から第3発電所あたりの渓谷の中を高速で飛行する戦技訓練のお話、ヘリのメインローターのピッチコントロールについては、スワッシュプレートからの2本のプッシュプルリンケージが、プロペラシャフトの内側に作られている機種についても伺うことができました。
ちなみにOH−6とかは1800馬力のタービンエンジンだそうで、お話を伺ったパイロットはOHで中返りもするベテラン教員パイロットでした。
ヘリパイロットは有事に備えて、タービンエンジンがストールしてからの着陸訓練を、比較的早い時期に何度も訓練するのだそうです。

丘珠空港は、2年に1度開かれる航空ページェントに、これまでにハリアーやオスプレイまで来ている日本有数の空港です。
特に、ページェントが終わった後にあんなことが体験できるのは丘珠空港だけです。今度は南さんの案内で、皆さんと見に行ってきましょう。

こんばんは。
2019/03/22
皆さんこんばんは。今、戻ってきました。

明日明後日は雪模様ですね。僕は現場仕事に行ってきまーす。

前ページTOPページ次ページHOMEページ
- Topics Board - Skin by Web Studio Ciel