ニュース・ナウ

2018/08/12
その8でおしまい。
4時過ぎにはみさん着陸してきてこんな感じです。

最後に須田さんのキャノピーで降りてきた田中さんをパチリ。しっかりターゲットに入って来ます。

僕と言えば、もちろんターゲットの中心に着陸です。

今日はみなさん場周経路からのターゲット狙いがビシバシ決まっていました。
本州の、本当に着陸が混雑しているエリアでは、全員が事故防止のためにそうして降りてきています。
そんなところに行く期会はないかもしれませんが、ライセンスの基準となる技術です。

そうそう、今日の田中さんもそうでしたが、スラロームがうまくなると、ライズアップからテイクオフまでのバランスが抜群ですね。

358-s-1.jpg358-s-2.jpg358-s-3.jpg

2018/08/12
その7
そして3時過ぎ、皆さんに誘われて昨日に引き続き今日の僕も飛ぶことになりました。

セットアップしていると、まずは須田さんが離陸です。
そして岩渕さんも離陸です。

その次に僕が離陸したのですが、いつもの奥のほうで広げて、キャノピーの点検でラインが絡んでいるのを発見して直して、その場でライズアップをしてしっかりとラインチェックです。
ほど良い風だったので、そこからゆっくり斜面まで「すみません飛びます」と、歩きながら出て行ってそのまま離陸です。

一応校長なので、目立つようにして離陸しました。ハイ!

西の尾根近くで上昇風が有るのを離陸前にチェックしていたので、そこで須田さんと岩淵さんと僕とでサーマルの取り合い状態です。
20分くらいねばっていたのですが、一度岩渕さんより下がってしまった僕は、中学生のような虚勢が表に出てしまって、なんとかかんとかもう一度岩渕さんより高く上がって気持ちがニコニコしていましたっ! 大人げない!

一緒に飛んでみると、岩淵さんのサーマルハンティングはとてもうまくなっているのが分ります。

岩渕さんも種畑さんも、そろそろ本物のパイロットライセンスです。

357-s-1.jpg357-s-2.jpg357-s-3.jpg

2018/08/12
その6
加藤さんもこの通りです。うまい。

すみません。そのほかの人は撮り過ごしてしまいましたっ!ごめんごめん!

356-s-1.jpg356-s-2.jpg356-s-3.jpg

2018/08/12
その5
田中さんの着陸もしっかりたーげんっとに入って来ます。うまい!

355-s-1.jpg355-s-2.jpg355-s-3.jpg

2018/08/12
その4
みなさん一本目の着陸は、場周経路を回って全員ターゲットに入っていました。いいぞいいぞー!

第2陣は須田さんも加わって山頂に向かいました。

僕は、ゲレンデの草刈りのおじさんと打ち合わせをしていたのです。
今日の僕は運転手役のつもりだったのですが、岩淵さんも乗せて行っちゃったよ!

山頂からは岩渕さんが真っ先に飛び出しましたが、風が弱いのでかなり斜面を駆け下りていました。

西側で少しだけねばっていましたが、ほぼぶっ飛びで着陸です。でも、しっかりターゲットに入って来ていました。いんでないかい!

354-s-1.jpg354-s-2.jpg354-s-3.jpg

2018/08/12
その3
風が弱いのですが、皆さん上手く離陸していきます。

種畑さんも一度のライズアップできれいに離陸です。

353-s-1.jpg353-s-2.jpg353-s-3.jpg

2018/08/12
その2
続いて加藤さん、そして佐々木さんがセットアップしています。

風は相変わらず南南西の風2m位でしょうか。

352-s-1.jpg352-s-2.jpg352-s-3.jpg

2018/08/12
今日のルスツ。
今朝は、早く来ても飛べそうもない予報だったのですが、久しぶりの岩渕さんと田中さん加藤さん種畑さん佐々木さんが来てくれました。

岩渕さんは久しぶりなので、ゲレンデ練習を始めましたが、みなさんさっそく山頂で離陸準備です。西風の予報ですが、南からの離陸です。

そして田中さん真っ先に離陸です。

351-s-1.jpg351-s-2.jpg351-s-3.jpg

2018/08/11
その4でおしまい。
そのキャンプ場の真下に程よい砂浜が有るので着陸することにしました。

するとこの浜にキャンプの用意をしていた子供たちが近づいてきて何か話しかけてきたのですが「このヘルメットは防音型で、何を話しているのか聞こえないのです。ごめんね。」でした。

キャノピーが砂まみれにならないように草地に着陸できました。

でも、ここは全く風が入ってこないのです。
キャノピーを適当に広げてわずかでも海風が入るのを待ったのですが無風です。10分ほど風待ちをしていたら霧雨が降ってきたのです。
キャノピーがぬれると重くなってしまい、無風でのライズアップがさらに難しくなるので、仕方なくライズアップを試みます。
助走距離はせいぜい10m。その先はわずかな砂浜と海。

まーでも一度のライズアップで離陸ができました。
この日は小潮の日なのでしょうか、砂浜は緊急着陸に十分な広さが続いています。

また今度、強めの風の日に小平に来てみたいです。

350-s-1.jpg350-s-2.jpg350-s-3.jpg

2018/08/11
その3
風が少し強くなりそうなので、ゲレンデにメンターを広げてみたのですが、スタンバイと同時に風が無えて来て、15分ほど風待ちをしてみたのですが、徐々に風が弱くなってしまったので、もう一度エンジンを用意して離陸です。

留萌方向に小平のキャンプ場が有るので向かいました。

このキャンプ場はいい風が入っていて、スロットルを緩めてもソアリングができそうでしたから、メンターならソアリングができる感じでした。

ちなみにモーターパラはプロペラガードの空気抵抗が大きくて、まともな滑空ができないのです。

349-s-1.jpg349-s-2.jpg349-s-3.jpg

- Topics Board -